Frying Dutchman × 中村和雄 緊急対談!「原発と京都」
Frying Dutchman vs 中村和雄 緊急対談!
 ユーチューブでのヒット回数30万件、反原発ソング「ヒューマン・エラー」が爆発的人気中のロックグループ「フライングダッチマン」の皆さんと対談しました。たっぷり2時間、楽しく過ごしました。脱原発市政の実現のために、3人から力強い応援もいただきました。対談の模様は、まもなくユーチューブにアップされるとのことです。お楽しみに。
写真は、右からコーディネートしてくれたフリージャーナリストの守田敏也さん、リー・タバスコさん、コータ・ビッグバンさん、タイガ・トゥーレイトさん、それに私です。
 ヒューマンエラーの歌詞はリーさんがつくったのですが、これが何と4872文字。リーさんは3年前から原発建設反対運動に参加しており、昨年3月に福島第一原発事故を受けて、これをいっきに書き上げたのだそうです。この歌詞、読んでいくとしっかりと放射線のことや原子力発電のことが理解できる教科書のようにわかりやすい記述なのです。もちろん、ロッカーらしい激しい語り口ですが、脱原発の学習にも最適ですよ。
 メンバーの皆さんは廃品回収や人力車引きの仕事などをしながら生活を支えてきたとのことですが、ロックンロールの魅力に取り憑かれてもうこの道からは抜け出せないのだそうです。廃品回収中にナマで謳ったり、ハーモニカを吹いたり、これでお客さんが増えたりしていたとのこと。
 3人は現在、3月10日と11日に全国で「ヒューマン・エラー」を演奏する企画を展開中です。京都では3月10日に脱原発1万人集会を計画中です。京都でもこの企画に参加したいですね。
(中村和雄)

FRYING DUTCHMAN
"humanERROR"
"FryingDutchman"vs"中村和雄"
緊急対談!CM
human ERROR 裏話
緊急対談01
human ERROR 裏話
緊急対談02
human ERROR 広がる反響
緊急対談03
銭湯で政治談議
緊急対談04
human ERROR ブレイクの背景
緊急対談05
放射線と子どもの食事
緊急対談06
関電、福島、安全基準...
緊急対談07
「脱原発」は現実的
緊急対談08
原発停止はすぐにできる
緊急対談09
3/10、11全国一斉humanERRORパレード
緊急対談10
震災ガレキの受け入れには反対
緊急対談11

“Frying Dutchman” vs “中村和雄”もくじ
※スタッフが編集した要旨です
まず最初に紹介します
“human ERROR”
日本社会とロックンロールと
中村さん、京都市政について質問します!
いつ脱原発できるんですか?
フライングダッチマンの3人に質問
3月10日・11日、全国「ヒューマン・エラー・パレード」を
“まず最初に紹介します
守田敏也
みなさんこんにちは、
私は「中村和雄さんを市長にしょう」勝手連に参加しています
フリーライターの守田敏也と言います。

きょうは『ヒューマン・エラー』という話題の曲で、
若者を中心に大変受けている
フライングダッチマンの3人の方が、
中村さんがどんな気持ちで京都市政を考えているのか、
それを聞きたい、話をしたいということで
この対談を実現させていただきました。
是非、いい時間を過ごしていきたいと思います。

まず最初に紹介します。
フライングダッチマンの一応リーダー?
コータ・ビッグバン  言い出しっぺです。
守田
コータくんです。
コータくんはギタリストなんですが、ベースも担当しています。

フライングダッチマンのボーカルのリー・タバスコさん。
リー・タバスコ  スパイシー♪
守田
リーくんというのはさっき聞いたんですけど、
実はお父さんがブルース・リーにそっくりなんだそうです。
いつもブルース・リーのリー、リーと言われていて、
彼もリーと言われていて、本名もリーなんですが、
彼が『ヒューマン・エラー』の詩を全部書いて、
歌を世に出してくれました。
そしてドラムのタイガ・ツーレイトさん。
一番若い。
タイガ・トゥーレイト  22です。
守田
彼は20代前半の代表です。

みなさんご存知の中村和雄さんです。
中村和雄
こんにちは、よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
 
この対談のトップへ戻る
次のページへ