2012年京都市長選 過去のトップページ

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ
雇用・労働
 労働契約法の改正から5年、本年4月に有期契約の通算期間が5年を超える労働者は、使用者に契約を無期雇用に転換することを申し込めることになります。全国のいくつかの大学では、こうした職員や非常勤講師らの無期化を阻止するために、不当に制度を改正して、職員や非常勤講師の雇止めを強行しようとしています。非常勤講師が加入する関西圏大学非常勤講師組合、ユニオンぼちぼち、ゼネラルユニオン、さらに立命館大学教職員組合も5年以上の契約更新による無期転換を要求して闘っています。

 立命館大学では、非常勤講師を5年で雇い止めできるようにするために新たに就業規則を改定したのですが、その際に必要な意見聴取のための労働者過半数代表の選出手続きが要件を満たしていないことが明らかになりました。また、立命館大学では残業を命じるために必要な労働者代表との36協定の締結についても、同じく過半数代表選出の要件を満たしていないことが明らかになりました。こうした事態を受けて、京都上労働基準監督署は1月30日、立命館大学に対して、労働基準法違反の是正勧告を行いました。
 
 同大学の労働者過半数代表選出にあたって、労働者側は、正規教職員を中心とする立命館大学教職員組合だけでなく、非常勤講師が加入する複数の組合も選挙管理委員会に参加し選挙を行っています。しかし、複数の立候補があり、得票1位も過半数に達していないと判断されました。
 
詳しくはユニオンぼちぼちのブログをお読みください。
 http://rootless.org/botiboti/blog/

 全国の大学でも同様の状況があります。今回の労働基準監督署の是正勧告は大きな意味を持ちます。今後国会などで追及が進むことになるはずです。

 なお、私も関西圏大学非常勤講師組合の組合員であり、他人事ではありません。この問題については、私もかかわっている「非正規労働者の権利実現を目指す全国連絡会議」(非正規全国連)が3月3日下記のとおり仙台で集会を開催します。お近くの方はぜひお越しください。
180303_sokai9.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

 国会が開幕しました。今国会の最重要対決法案は「働き方改革一括法案」だそうです。この法案には、長時間労働を温存させることや高度プロフェッショナル制度の創設や裁量労働制度の拡大による労働時間規制の非適用者の拡大、さらには「同一労働同一賃金」とは名ばかりで、非正規のさらなる拡大と、正規と非正規の格差を固定化をもたらすなどの多くの問題点が含まれています。
 こうした多くの問題点があるにもかかわらず、安倍首相はこれらを一括して短時間で審議し採決しようとしています。働き方改革一括法案の危険性を多くの皆さんに知ってもらうために、日弁連では下記のとおり国会議員会館で市民学習会を開催します。電通事件の被害者高橋まつりさんのお母様にも登場いただきます。ぜひ、お申し込みください。DSC_0727.JPGのサムネイル画像
 先日、アイスランドで世界ではじめて同一労働同一賃金を義務づける法律が制定されたとの報道がありました。テレビや新聞の記事を見ても何のことをいっているのかよくわかりませんでした。東京の小川弁護士がABCの記事を翻訳してくれました。新たな法律の内容は、、「同一賃金証明書」の取得が25人以上の企業に義務付けるというもののようです。すごいことです。小川弁護士の仮訳をご紹介します。

 世界は差別解消に向けて進んでいます。日本は大きく取り残されているように思えてなりません。

(仮訳)
 アイスランドは、すべての企業に対して(訳注:実際は25人以上のようです)。賃金の支払い方において女性を差別していないことを証明するよう義務付ける新たな律を制定した。この法律は、男女賃金格差をなくすための世界で初めての試みである。新法は、昨年6月に圧倒的多数で可決され、本年1月に施行された。アイスランドの男女賃金格差は約5.7%だが、国の統計によれば、これらの差は、労働時間の長短、職業経験、教育水準等によっては説明できないもので、このような格差を解することが新法の目的である。
 他の国では、アメリカ・ミネソタ州が同様に同一賃金証明政策(equal-salary certificate policies)を採用しているが、アイスランドは、私企業と公営企業双方に証明を義務付けた点で、世界初であるといわれている。アイスランドは人口約33万人で、2022年までに男女間の賃金格差を解消したいとしている。アイスランドのカトリン・ヤコブスドッティル首相は女性であり、世界経済フォーラムの世界男女格差指数で世界一格差が少ない国にランクされている。
 新法によれば、25人以上の労働者を雇用する会社は、資格を有する監査人(auditor)から「同一賃金証明書」(equal pay certification)を取得し、賃金の差が、教育、技能、成果といった法定の要素に基づいたものであることを示さなければならない。250人以上の大企業の場合は、本年末までに取得が義務付けられ、
もっとも零細な小企業でも2021年末までに取得しなければならない。証明書は3年ごとに更新されなければならない。
 経営者団体は、法案について、企業にコストのかかるコンプライアンス上の負担を掛けるものであり、労働市場に過度の政府の介入を招くものであるとして、反対していた。また、一部の経済学者は、証明書義務付けの効果は疑問であるとし、統計が完璧でさえあれば、格差がジェンダー以外の要因によって生じたことは明らかとなるはずだと反論していた。



 2018年、本年もよろしくお願いいたします。
 早速ですが、シンポジウムのご案内です。政府がすすめる「働き方改革」は、日本が世界で一番企業にとって「働かせやすい国」になることを目指すもので、働く者の地位を向上させ権利を充実させる方向に逆行すると考えます。

 真の労働者のための「働き方改革」はどうあるべきなのか。働くものが安心して安定して働き続けるためにはどうしたら良いのか。そのためには中小零細企業の経営をどう支えたら良いのか。地域の経済をどう循環させる仕組みを作れば良いのか。一緒に考えてみましょう。多くの皆さんのご参加を期待しています。
99A3CC0FA4694CE68FE5070F9F117AC6.jpg
by 中村和雄 | トラックバック(0)
京都の紅葉真っ盛りです。観光客の多いこと、渋谷の交差点を歩いている状態です。

日弁連が通常国会に政府から提出予定の労働時間規制に関する労働基準法改正案について反対の会長声明を発表しました。参考にしてください。
【「働き方改革を推進するための労働基準法の一部改正案の国会提出に反対する会声明」】
https://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2017/171122.html

ところで、私も弁護団の一員として活動しているプリントパック事件に関する続報です。昨年、中労委での和解が成立し、会社は労働組合との関係改善を進めるとしていました。ところが、なんと会社の常務が新たに組合に加入した社員に対して、個別に呼び出して脱退工作。あーあ、昨年のブラック企業対象業界賞受賞の反省がまったくないようです。生の会話をご試聴ください。
【YouTube プリントパック西原常務の恫喝】
https://youtu.be/c1XGrKrywZc                                                                                                                                                                                                                        
紅葉.jpg
by 中村和雄 | トラックバック(0)
IMG_0003.JPGIMG_0010.JPGIMG_0013.JPG
  11月10日に日本労働弁護団創立60周年の総会が東京であり、その中で3月30日月に京都地裁で勝訴判決を得た「A福祉施設求人詐欺事件」担当弁護士として、今年度の労働弁護団賞を受賞しました。全国で同種事件を担当している皆さんにこの判決がお役にたつことを願っています。

 ところで、私は労働弁護団の総会に続いて、昨日と本日の2日間、東京に滞在し、「トラブルメーカーズ東京スクール」を受講しました。アメリカで1979年に創設されたレイバーノーツという職場の組織化のための実践的なノウハウを伝授する団体のワークショップを日本ではじめて開催したものです。ジェーン・スロータさんとレア・フリードマンさんの2名の女性講師によるきわめて体系的で論理的でエネルギッシュな2日間にわたる参加型授業を体験しました。とて未刺激的であり、これほどまでに労働組合の組織化について体系的な講義を受けたことは初めての経験でした。第1部「無関心に打ち克つ」第2部「理想的なチームのリーダーをつくる」第3部「課題を運動化する」の課題をみっちりと1日半かけて指導してもらいました。
 いま、あらためて労働組合の意義が問われているわが国において、魅力ある労働組合をつくっていくためにとっても希望の持てる実践的教育活動でした。
 労働弁護団では、レイバーノーツのテキスト解説書を翻訳し、来年1月に出版予定です。楽しみにしていてください。
 たくさんの労働組合の方々がこの取組を実践することによって、日本の労
IMG_0009.JPG
働組合の組織率が向上することを期待します。















9月21日のブログでお伝えした判決について、多くの方からお問い合わせ頂きました。皆さんのご参考にして頂くために、概要をまとめてみました。少し長くなりますが、ご了承ください。


         京都市立浴場運営財団事件京都地裁判決(H29.9.20)報告
                                     
■ 事案の概要
  被告財団は、被告京都市が100パーセント出資して設立し、被告京都市からの出向職員らが事務の中心を担当する財団であり、京都市内の市立浴場を運営する。経営不振により解散となりましたが、正職員には退職金規程に基づく金額の35%のみ支給し、残額の支給はできていません。嘱託職員には退職金規程がなく退職金の支払いはありませんでした。
  正職員原告らは、被告財団に対して退職金残額の支払いを求めるとともに、被告京都市に対して被告財団と連帯して退職金を支払う義務があるとして同額の支払いを求めました。原告嘱託職員らは、正職員と同様の業務に従事し責任も同じであるにもかかわらず、退職金が支払われないのは不当だとして正職員と同率の退職金の支払いを被告財団に請求するとともに、被告京都市にも請求しました。
  判決は、被告京都市に対する請求を棄却し、被告財団に対する原告らの請求をいずれも認容しました。ただし、嘱託職員原告らに対する認容請求権は、退職金請求権ではなく、退職金相当額の不法行為に基づく損害賠償請求権です。

■ 嘱託職員に対する判決の意味
  1年有期契約を多数回(5回ないし13回)更新され、正規職員に比べ週の勤務日数が1日少なく(4日)1日の労働時間が30分短い(7時間15分)嘱託職員らが、旧パート法8条1項所定の「その全期間に置いて、正規職員と職務の内容及び配置の変更の範囲が同一の範囲で変更されると見込まれるもの」に該当するとして、正規職員らに関する退職金規程にもとづいて算出された退職金相当額を原告らの損害として不法行為の成立を認めました。今後立替払い請求や破産手続において、少しでも回収ができるように努力したいと考えています。
  本判決は、退職金規程がなくてもパート労働者が正職員と同じ退職金請求権のあることを認めた画期的なものです。このようなパート法8条(現行9条)違反の判決は全国で2例目です。大変貴重なものです。

■ 本判決の影響
  京都市に対する請求が認められなかったことは大変残念です。しかし、嘱託職員について、財団に対する退職金相当額の請求が認められたことは画期的なものです。
  本事件は、旧パート法8条の事案であり、現行パート法では9条に関する事案です。国会提案予定の働き方改革促進一括法案要綱よれば、現行パート法は対象を有期にも拡大することになり、パート法9条の均等待遇規定は有期にも適用となります。
  これまでの判例は、労契法20条の解釈において、契約期間の長短によって基本給などに差があることは不合理ではないとしています。退職金についても同様と考えられています。9条の要件に該当すれば、契約期間の長短を考慮要素にすることはできないのであり、今回の判決はそれを明確にしました。どうして労契法20条やパート法8条ならば契約期間の長短が考慮要素となり得るのか説明がつかないのではないでしょうか。裁判所の解釈は矛盾していることが明らかになったものです。労契法20条裁判の解釈にも大きく影響する判決だと考えます。
朝食 (1).JPGのサムネイル画像シンポ (1).JPG学忍堂.JPG室内.JPG
 わが国では、総選挙に向けて刻々と情勢が変化するという慌ただしい日々が続いています。今回の総選挙の争点は何なのでしょうか。
 私は、憲法を守るのか破壊するのかが、最大の争点だと考えています。守るべき憲法は9条だけではなく、幸福追求権(13条)や生存権(25条)などの人権保障規定などです。その中で、「労働者の権利」もしっかりと擁護すべきです。ワーキングプアを無くし、格差の是正を図ること、これもまた憲法の保障規定をしっかり実現していくことなのです。
 先週の22日から25日まで、韓国の全州で開催された「日韓労働フォーラム」に参加してきました。女性差別の是正のためにどのような法整備や行政手続きが行われているのか、両国の共通性や相違について両国の研究者の皆さんと意見交換しました。韓国から学ぶことがたくさんありました。日本の経験を伝えることもできました。相互交流の重要性を痛感しました。ソウルから3時間ほどバスに乗って全州を訪問しました。とてもすばらしい街でした。学忍堂に宿泊しました。食事もそしてマッコリもいうことなし。充実した4日間でした。この4日間に北朝鮮の脅威はまったく感じませんでした。
 昨日、京都市の100パーセント出資の財団法人を被告とする裁判で判決を得ましたのでご報告します。被告は京都市立浴場財団です。経営上の理由から解散したのですが、職員に対する退職金が全額支払われていないため、その支払いを求めて裁判となりました。

 財団は、正職員については退職金規定どおりの退職金額があることは認めましたが、資金が不足しているとして一部の支払をしただけです。判決は残額の支払いを命じました。

 問題は、嘱託職員です。正職員と同じ仕事をし同じ責任も課されていたのに、嘱託職員には退職金規程がなく、財団はまったく支払をしていません。

 判決は、嘱託職員の皆さんは、旧パート法8条1項の「その全期間において、正規職員と職務の内容及び配置の変更の範囲が同一の範囲で変更されると見込まれるもの」に該当するとして、嘱託職員に退職金を支給しないことは違法であるとし、財団に対し、正職員と同じ比率の退職金額を支払うように命じました。

 京都市浴場財団は京都市が100パーセント出資して創設した財団です。京都市は、判決内容がきちんと履行されるようにする義務があるのではないでしょうか。
 毎日新聞の報道です。

「成果型労働制といわれる「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)導入を含む労働基準法改正案の修正を政府に求めて容認する姿勢を示していた連合が一転、高プロの政労使合意を見送る方針を固めたことが関係者への取材で分かった。
  連合は、所得の高い一部の専門職を労働時間の規制から外す高プロ導入を「過労死を助長する」として2年以上反対し、改正案を「残業代ゼロ法案」と批判してきた。ただ、連合は「年104日以上の休日確保」を義務付けるなどの修正案を示し、高プロを容認する方向にかじを切っていた。
 27日に札幌市で中央執行委員会を開き、高プロの事実上容認を撤回して反対へ転ずる。27日に延期されていた政労使会談は、中止される見通し。政府は秋の臨時国会で高プロ導入と裁量労働制拡大、残業時間の上限規制を盛り込んだ改正案を可決・成立させる方針だった。連合の神津里季生(こうづりきお)会長は13日に改正案の修正を安倍晋三首相に申し入れた際、「(与党多数の)政治状況の中で(健康確保措置が)不十分なまま改正案が(残業規制と一括で)成立してしまうことは耐えられない」としていた。」

 他紙も同様の報道です。連合傘下の労働組合員たちからの猛反発が方針転換をもたらしました。秋の臨時国会に提出されるであろう「労働基準法改正案」に対し、反対の共闘が維持されることになりました。ひとまず、安心しました。やはり、現場の労働者の怒りを結集してしっかりと伝えていくことが重要なんだとあらためて感じた次第です。


このページのトップへ