2012年京都市長選 過去のトップページ

2021年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

ノーモアヒロシマと「平和の祭典」

DSC_0040.JPG昨日は広島への原爆投下から76年の日でした。「平和の祭典」であるオリンピックならば、この日をどう扱うのか注目したのですが、IOCは「黙祷」すら認めませんでした。テレビのオリンピック報道は、広島への原爆投下についてはまったく触れずに,ただただ競技の報道に終始しました。

コロナ禍での平和記念式典のあいさつで、菅首相はあいさつ文を読み飛ばし、「我が国は、核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国であり、『核兵器のない世界』の実現に向けた努力を着実に積み重ねていくことが重要」との部分を発言しませんでした。

わざとだったのかもと疑ってしまいます。「『核兵器のない世界』の実現に向けた努力を着実に積み重ねていくことが重要」なのであれば、いま政府がやるべきことは,多くの国が批准しすでに発効した「核兵器禁止条約」に参加することです。政府は、締約国会議のオブザーバー参加すら拒絶しており、「核兵器のない世界」の実現に背を向けているのです。
菅政権は、コロナの対応に無策であることを露呈していますが、「核兵器のない世界」を目指す世界の平和運動に逆行する危険な政権であることを覚えておきましょう。


by 中村和雄  カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/672

コメントする


このページのトップへ