2012年京都市長選 過去のトップページ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ

中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ
2020年11月アーカイブ
1606555474480.jpg820.jpg
昨年に続き、大分県竹田市にある妻の実家に行き、ゆずとかぼすの収穫作業をしてきました。

家族でざっと1000個ほどは収穫しました。足腰はガタガタになるのですが、ゆっくり温泉に入り、満天の星空を眺め、道の駅で買った鹿肉とシシ肉と新鮮野菜の食卓、そして地酒を少々。

朝は鳥のさえずりで起床して、朝飯前の収穫作業と野良仕事。

コロナ禍の中の日常生活から解放された時間でした。

現在は、裁判所の往復と夜遅い書面作成作業の日常に戻ってしまいました。

最近、コロナを契機として地方への移住者が増加しているとのことですが、理解できる気がします。


10月中旬の労契法20条の適用に関する最高裁判決を受けて、立憲民主党は共産党などと共同で、パート・有期法の改正案を国会に提出しました。最高裁は、有期雇用労働者に対して、正社員と格差のある手当支給については是正を求めたのに対して、退職金や賞与については格差の存在を不合理ではないとして容認しました。賃金の主要な部分である基本給・賞与・退職金についての正規と非正規の格差を是正することが必要です。労契法20条を承継する現行パート・有期法8条・9条では不十分であり、改正が必要です。

今回提案の改正案の主もな改正内容は以下の2点です。
これ自体とても大切です。そして、正規と非正規の格差是正を実現していくためには、「職務評価」が必要です。
私の所属する非正規労働者の権利実現全国会議では、12月7日に職務評価についてZOOMによる研究会を開催します。詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.hiseiki.jp/whatsnew/201207_kintotaigu24.php

皆さんのご参加をお待ちしています。
DSC_1190.JPGDSC_1898.JPG
京都も少しずつ秋の深まりを感じています。コロナ感染者が少しづつ増加してきていることが心配です。

アメリカの大統領選挙の混乱を見いると、「民主主義」って何なのか、改めて考えさせられます。権力者が意に沿わない者を次々と排斥し、意に沿う者だけで固めてしまう。たくさんのスタッフを解任し、連邦最高裁判所さえ無理を押し通そうと画策する。証拠もなしに票が盗まれたと選挙の無効を訴え、駄々をこねて大統領職にしがみつく。滑稽でさえあります。

待てよ、同じようなことがわが国でもおきています。意に沿わない官僚を次次と排斥し、経済政策を批判する日銀総裁をすげ替え、政権の宣伝機関とするためにNHK会長をすげ替え、従前の憲法解釈を無理矢理変更するために、内閣法制局長官をすげ替え、忖度してもらうために定年制度を変更し検事総長をごり押しで意中の人物にしようと企てました。最高裁判所裁判官の任命に当たっては、弁護士会の推薦を無視しました。
そして、承継者も学術会議会員の任命にあたって、権力者を批判する者を排斥しました。

民主主義とは、権力者が異なる考えを持つ者たちの存在を認め、議論を通じて進むべき方向を確認していく作業である。そこには、絶対的正義は存在せず、「もしかしたら、相手の言っていることが正しいかも」という謙虚な姿勢が不可欠なのです。裁判所には時として間違ってしまう権力者をチェックする役割があり、そのためには行政機構からの独立が必要なのです。学問の自由の保障のためにも同様に政権からの独立が必要です。

わが国でも、民主主義が危機に瀕しています。思想信条を超えて、民主主義社会を守っていくことが重要になっています。学術会議会員任命問題は、民主主義社会を守っていくためにとても重要な課題です。

このページのトップへ