2012年京都市長選 過去のトップページ

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

#検察庁法改正案に抗議します

コロナ禍の混乱の中で、安倍内閣は「検察庁法改正案」を強行採決しようとしています。ことに対して、ネットで「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグで、昨日の夜の段階で470万件ものツイートがされるなど、国民が一斉に反対しています。また、私が大好きな俳優の井浦新さん、浅野忠信さん、秋元才加さん、芸人の大久保佳代子さん、漫画家の羽海野チカさんらの芸能人や文化人が次々と勇気を持って抗議の声を上げています。

今回の法案は、国公法の改正と併せて、検察庁法を改正して、検事総長を除く検察官の定年を63歳から65歳に引き上げ、63歳になったら検事長・次長検事・検事正などの幹部には就けない役職定年制を導入するのに加えて、定年を迎えても、内閣や法相が必要と認めれば、最長で3年間、そのポストにとどまれるとするものです。検察官の定年を延長するだけではないのです。検察官についても、内閣が「公務の運営に著しい支障が生ずると認められる事由として内閣が定める事由がある」と認めるときは、定年前の職を占めたまま勤務させることができることにするのです。内閣が勝手に検事の役職を差配できるようにするのです。

行政を監視する司法の担い手である検察の人事を、内閣が決めることを認めるものです。民主主義国家の基本である三権分立を崩すとんでもないものです。これは、安倍内閣が、検察庁法に違反して、黒川検事長の定年延長を強行したことを、検察庁法上「合法に」行われるようにしようというものです。

このような法案を、法務大臣も、法務省も関わらず、「内閣委員会」で審議をして、成立させようとしているのです。絶対に許すことはできません。日弁連を始め多くの弁護士会も大反対を表明しています。

コロナのどさくさに紛れて「火事場泥棒」を強行する安倍首相には国のリーダーを任すことはとうていできません。法案反対の声をぜひ拡散ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/621

コメントする


このページのトップへ