2012年京都市長選 過去のトップページ

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ

中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ
2020年3月アーカイブ
私が共同代表をさせていただいている非正規労働者の権利実現全国会議(非正規全国会議)は、3月18日の夜からコロナウィルスが仕事に与える影響を受けた非正規の人たちの声を集める緊急アンケートを開始しました。
フリーランス、派遣、アルバイト、パートで飲食店、医療福祉、教育、旅客、製業など多くの職種で働いている皆さんの声を集めたいのです。

非正規全国会議では、2015年派遣法改正の時にも同様のアンケートを行い、2ヶ月で600件以上の悲痛な声が集まりました。皆さんの声を国会に提出して参議院の審議にも反映させてもらいました。

今回のコロナ騒動で非正規で働いている皆さんの切実な状況を集めたいのです。皆さん、是非多くの方に拡散いただきたくさんお切実な声を国会に届けることにご協力ください。
3月中に中間まとめを行い、提言もつくって発表し、国会に届けたいと思います。ご協力をよろしくお願いいたします。

http://www.hiseiki.jp/whatsnew/200317_coronaenquete


bHcfT-2s.jpgのサムネイル画像

安倍政権による政治の私物化が止まりません。閣議決定をすれば何でもかんでもできるという手法はとうてい法治国家とは言えないものです。とりわけ、今回は司法という行政をチェックすべき三権の1つである司法機関に行政が身勝手な干渉を持ち込んできたことです。近代民主主義は、行政の独断横暴を抑制するために権力機構を立法・行政・司法の三権威分立させたのです。裁判所(司法)が人権の最後の砦といわれる所以です。

同じ司法界に属するものとして今回の閣議決定はとうてい許すことはできません。京都弁護士会では3月5日に以下の会長声明を決議しました。ご紹介します。


検察庁法に違反した閣議決定に抗議し、撤回を求める会長声明

安倍内閣は、本年1月31日の閣議決定で、2月7日に迫った黒川弘務東京高等検察庁検事長の定年を半年間延長した。検察官の定年が延長されたのは、1947年に検察庁法が制定されて以降初めてのことである。
政府は、本年通常国会において、検察官には国家公務員法81条の2の定年の規定が適用されないが、同法81条の3による勤務延長の規定は適用されるとして、上記閣議決定は適法である旨答弁した。さらに、本年2月13日の衆議院本会議では、これまでの公権解釈では検察官は定年延長ができないとされてきたことを認めたうえで、法解釈を変更したと主張した。
しかしながら、かかる法解釈が認められる余地は無く、今回の定年延長の閣議決定は検察庁法に違反する。
第一に、検察庁法22条は、「検事総長は、年齢が六十五年に達した時に、その他の検察官は年齢が六十三年に達した時に退官する。」と明記しており、定年による退職の特例を一切設けていない。この点については、1947年の帝国議会貴族院で検察庁法が審議された際、定年の延長制度についても議論になったが、政府が検察官には定年に例外を認める弾力的な制度とはしない旨の答弁を行ったうえで、現在の定年制度が定められ、実際も例外なく運用されてきた。
第二に、定年及び定年延長を導入する国家公務員法改正案が審議された1981年の衆議院内閣委員会でも、人事院事務総局任用局長(当時)が、検察官には国家公務員法の定年及び定年延長の規定は適用されない旨を答弁している。
第三に、本年通常国会における衆議院予算委員会の2月12日審議でも、人事院事務総局給与局長は、上記の答弁をそのまま援用したうえで、「(現在まで)同じ解釈を引き継いでいる」と答弁している。
以上の経過を見れば、特別法たる検察庁法で延長の例外のない定年制度を設け、後に一般法たる国家公務員法の改正で定年年齢や定年延長等の定年制度を設けた際に、検察官にはこれを適用せず、特別法たる検察庁法の定年制度のみを適用することとしたことは明らかである。
検察官は公益の代表者として厳正な刑事手続を執り行う立場にある。内閣が違法な定年延長によって検察の人事に干渉することを許せば、政権からの独立を侵し、その職責を果たすことができるのかについて重大な疑念が生じることとなる。
当会は、三権分立を定める日本国憲法のもとで、法治主義国家として、行政は国会が定めた法律に基づいて行われるべきものであることに照らし、法を蹂躙した今回の閣議決定に断固として抗議し、撤回を求めるものである。

     2020年(令和2年)3月5日

京  都  弁  護  士  会
会長  三  野  岳  彦
      
公的行事である「桜を観る会」への安倍首相後援会員にたいする特別利益提供が問題となっていますが、京都でも同じような問題が浮上しました。京丹後市長である三崎正直氏の後援会が2016年から2018年の3年間、支援者が参加する酒食を伴う催しにおいて、参加費の一部を負担していたことが判明しました。3年分で参加者が支払った金額が約70万円なのに対し、後援会は約80万円を負担していたというのです。この80万円は三崎市長が後援会に寄付した金が使用されています。

つまり、三崎市長は、後援会を通じて有権者に飲み食いを提供したのです。公職選挙法が禁じる寄付行為に抵触すrものであり、刑事罰が科されることになります。買収罪(公職選挙法221条1項1号)にもあたる可能性が十分にあります。こんなことが許されるはずはありません。三崎市長側は「1人あたり2~3千円分の赤字を穴埋めすることは許される範囲だと思っていた」などと言っています。いまだにこんな発想の政治家がたくさんいるようです。

28日、私が所属する自由法曹団京都支部の弁護士21名が京丹後市を訪問し、市長部局と議会議長に徹底解明の申し入れをしてきました。
京丹後市では市長選挙が行われます。徹底解明とともに清潔な民主主義政治をしっかり実現してくれる市長を実現しましょう。


このページのトップへ