2012年京都市長選 過去のトップページ

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

吉本興業の「闇営業」はブラックか

 吉本興業は、宮迫博之さんら多数の所属タレントを当面の謹慎処分とし、4名については無期謹慎処分としました。その理由は、会社を通さず営業し、反社会勢力とつながったうえ、ほかのタレントを巻き込んだこととされています。暴力団や詐欺集団との繋がりについて厳正に処分することはもっともです。しかし、会社を通さず営業したということは、果たして処分に値するのか疑問です。

 吉本興業の所属タレントは、契約上は労働者ではなく請負契約とされているのではないかと推察します。所属タレントは最賃以下の実態を笑いのネタにしていますが、監督署は摘発しません。「労働者」と認定できていないからではないかと思います。吉本興業とタレントの契約は、会社が仕事を指定し、タレントが指定された仕事を実行し、それに対して報酬を受けるというものでしょう。
 生活するのに充分な報酬が確保できているのであれば、会社を通さずに仕事をすることを禁止する契約は合理性がありますが、充分な保証もなしに一方的に他での仕事を禁止することは公序良俗に反し無効と考えられます。

 充分な仕事も与えずに、仕事の時間以外を拘束することはできません。労働者であっても労働時間以外は個人が自由に使える時間です。個人の自由を制限するには、それなりの合理的な理由が必要です。吉本興業のタレントのうち、一部の高額収入者は別として、低収入の多くのタレントについて、会社を通さなければ自由に仕事をできないとすることはきわめて不合理であり、このような拘束は無効であると考えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/576

コメントする


このページのトップへ