2012年京都市長選 過去のトップページ

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ
2019年1月アーカイブ
 長野県の労働組合からお招きいただき、諏訪湖畔の会場で最低賃金学習会の講演をしました。午前中からの時間帯のため、下諏訪に宿泊し温泉でゆったりくつろがせてもらいました。朝に散歩して諏訪大社の下社秋宮に行きました。その昔見学した勇壮な柱祭りの御柱がしっかりと四方を固めていました。驚いたのはお手洗です。湯気が立っているので近づいて手を当てるとまさに湯加減抜群の温泉水が龍の口から出ています。心清らかにお湯で手を清め口をすすがせていただきました。
 境内の裏手は諏訪湖、遠く北アルプスの雪山を眺めながら、今年も健康で元気に楽しく運動していくことができるように「神頼み」してきました。もちろん、「安倍政権打倒」もお願いしたのですが、こちらは神頼みではダメですよね。マイナス7度の早朝の冷気の中で身も心も引き締まりました。さあ、インフルエンザや風邪にかからないように気をつけて、今年もしっかり進んでいきましょう。
DSC_1141.JPGDSC_1131.JPGのサムネイル画像
「嘘つきは戦争の始まり」 宝島社が1月7日に朝日新聞に出した広告紙面のキャッチコピーが話題となっています。ちなみに、読売新聞には「敵は、嘘」のキャッチコピ―でした。
宝島社の説明文は下記のとおり。
「今回の企業広告のテーマは「嘘」です。「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」をメインコピーに、2つのビジュアルを使用しました。連日メディアを賑わしている隠蔽、陰謀、収賄、改ざんの事件など、気がつくと、世界中に嘘が蔓延しています。それを伝えるニュースでさえ、フェイクニュースが飛び交い、何が真実なのか見えにくい時代になってしまいました。人々は、次から次に出てくる嘘に慣れてしまい、怒ることを忘れているようにも見えます。嘘が蔓延している今の世界に対して、嘘についてあらためて考え、そして、嘘に立ち向かってほしい、そんな思いをこめて制作しました。」

 なかなか意味深です。私などは、単純に安倍政権批判と受けとめています。またまた毎月勤労統計の不正が発覚しましたが、安倍さん自身もNHK の「日曜討論」で「辺野古の埋め立てについて サンゴは移した 」と嘘の説明をしました。この番組は録画なので、安倍発言が嘘であることはNHKが検証できたのですが、NHKは何の断りもなくこの発言をそのまま放映しました。視聴者はサンゴは移されたと誤解したのです。安倍政権のもとで、NHKは公共放送機関として必要な公正で客観的報道をもはやできなくなっているのです。

 民主主義の基本は、議論の前提となる事実は真実であることです。最近、ここが崩れかけています。トランプ大統領に代表されるフェイクニュースは日本でも蔓延しています。真実を科学的に客観的に見いだすことが問われています。民主主義の土台を壊しかねない動きを阻止し、民主主義社会を取り戻していきましょう。

 明けましておめでとうございます。今年は4月に一斉地方選挙があり、7月(8月?)に参議院選挙があります。人権を擁護し平和を追求する現行憲法をしっかり堅持していくためにとっても大切な年になります。気を引き締めていきましょう。
 さて、昨年の「働き方改革」の中で、非正規労働者の処遇改善が課題となり、きわめて不十分ではあるのですが、有期契約労働者とパートタイム労働者に対する正社員との不合理な差別について「有期・パート法」によって規制されることになりました。また、派遣法でも派遣先労働者との均衡処遇が規定されています。これらの法律を使って、非正規雇用労働者の処遇をどうやって引き上げていけるのか、昨年最高裁判所が示した「ハマキョウレックス事件」と「長澤運輸事件」の判決はどんな内容なのか。日弁連労働法制委員会がシンポジウムを開催します。私はパネルディスカッションを進行させていただきます。是非多くの皆さんに参加いただき全国各地で差別是正の闘いを広げていただきたいと思います。
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/event/data/2019/event_190111.pdf
https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2019/190111.html

シンポジウム「雇用形態による不合理な待遇を禁止する法律改正の概要と実務対応」
日時 1月11日午後5時30分
場所 クレオ(弁護士会館2階)
内容(予定) 第一部:「雇用形態による不合理な待遇を禁止する法律改正の 概要」(講演) 立教大学准教授 神吉 知郁子 
     第二部:改正法の施行にあたって弁護士としての対処及び今後 の課題(パネルディスカッション) 
       労働者側弁護士 中島 光孝 (大阪弁護士会) 水口 洋介 (第二東京弁護士会)
         使用者側弁護士 木下 潮音 (第一東京弁護士会) 山畑 茂之 (第一東京弁護士会)
                         立教大学准教授 神吉 知郁子

このページのトップへ