2012年京都市長選 過去のトップページ

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

「戦争は対話で解決できる」コロンビア・サントス大統領会見

 朝日新聞が昨年ノーベル平和賞を受賞したコロンビアのサントス大統領との単独会見を報じています。

 同大統領は、「双方の意志で対話し、明確な目標を持てば、武力紛争や戦争は終わらせることができる。」と25万人以上が死亡し800万人以上が被害を受けたとされる半世紀以上にわたる内戦を対話で解決した経験に基づき語っています。
 
 注目すべきは、「重大事項を決める手段として国民投票は適切ではない」と発言しています。「国民投票は簡単に操作される。問われたテーマではなく他の理由による投票が行われ、目的が損なわれてしまう」と述べています。
 国民投票・住民投票は、参政権を具体化した民主主義の重要な制度です。しかし、ポピュリズム政治が世界中で台頭していく中で,フェイクニュースなどの手段を用いて多数決を悪用する偽民主主義が横行しています。わが国の中でも同様な事態が進行しています。同大統領は、「ポピュリズムは過激な人々の温床となる。恐怖や差別を生み、協力を難しくする」としています。

 ポピュリズムは歴史的には「人民主権」と訳され、民主主義を肯定的に意味するものとして使われたこともあるのですが、現在では「大衆迎合主義」など否定的に訳されています。
 民主主義とはなんなのか、どうやってポピュリズム政治にならないように民主主義手続きを確保していくのか、難しい課題ですが、民主主義の基本的制度である国民投票制度や住民投票制度を絶対に崩さないようにしなければなりませんね。
by 中村和雄  カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/507

コメントする


このページのトップへ