2012年京都市長選 過去のトップページ

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

小沢一郎自由党代表の自民党批判

 今朝の朝日新聞の「民進党代表戦を問う」に小沢一郎氏のインタビュー記事が掲載されていました。これがなかなかおもしろいのです。
 
 民主党について、「今の政権より、国民の生活に目を向けたマシな政権を作らなきゃならない、という点では一致している。09年の衆議院選でも共産党とは良識的な、間接的協力はした。構図は変わってない。ただ主力になる民進党がハッキリしないだけだ」「民主党は何の問題でも結論が出せない。原発や安保、憲法でも。結論もないのに、国民は判断のしようがない。」

 次に自民党について、
 まずは石破氏らについて「政権にいる間は、自民党からは出ないだろう」「党を出る度胸があったら、とっくにやっているのではないかな。
 自民党に対しては、「こちらは自民党なんかに期待しない。小泉、安倍政権は競争第一主義。もともと『みんな一緒に豊かになろう』というのが自民党の哲学だったが、いつの間にか弱肉強食路線に変質してしまった。それでも皆押し黙っている。期待できる議員は今の自民党にはいない。」

 かつての自民党の哲学が小沢氏のいうとおりだったかについては、にわかに信じがたいが、現在の自民党体質についての分析はまったく同感です。拍手喝采です。さすが「肝が据わった政治家」ですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/506

コメントする


このページのトップへ