2012年京都市長選 過去のトップページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

連合執行部が方針転換

 毎日新聞の報道です。

「成果型労働制といわれる「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)導入を含む労働基準法改正案の修正を政府に求めて容認する姿勢を示していた連合が一転、高プロの政労使合意を見送る方針を固めたことが関係者への取材で分かった。
  連合は、所得の高い一部の専門職を労働時間の規制から外す高プロ導入を「過労死を助長する」として2年以上反対し、改正案を「残業代ゼロ法案」と批判してきた。ただ、連合は「年104日以上の休日確保」を義務付けるなどの修正案を示し、高プロを容認する方向にかじを切っていた。
 27日に札幌市で中央執行委員会を開き、高プロの事実上容認を撤回して反対へ転ずる。27日に延期されていた政労使会談は、中止される見通し。政府は秋の臨時国会で高プロ導入と裁量労働制拡大、残業時間の上限規制を盛り込んだ改正案を可決・成立させる方針だった。連合の神津里季生(こうづりきお)会長は13日に改正案の修正を安倍晋三首相に申し入れた際、「(与党多数の)政治状況の中で(健康確保措置が)不十分なまま改正案が(残業規制と一括で)成立してしまうことは耐えられない」としていた。」

 他紙も同様の報道です。連合傘下の労働組合員たちからの猛反発が方針転換をもたらしました。秋の臨時国会に提出されるであろう「労働基準法改正案」に対し、反対の共闘が維持されることになりました。ひとまず、安心しました。やはり、現場の労働者の怒りを結集してしっかりと伝えていくことが重要なんだとあらためて感じた次第です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/502

コメントする


このページのトップへ