2012年京都市長選 過去のトップページ

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

韓国 脱原発へ

 韓国の文在寅大統領が19日に原発の新設計画を白紙化し、脱原発を発宣言しました。耐用年数を超える原発の稼働も認めないとしています。じつは、韓国では5月の大統領選において、5人の立候補者全員が脱原発を公約に掲げたとのことです。

 こうした中で、いま、脱原発を訴えながら26カ国1万1千キロ踏破を目指す韓国の大学教授李元栄(リウォンヨン)氏(59歳)が、日本で行進しながら訴えています。23日に唐津市に入りました。九州電力玄海原発で再稼働の準備が進む中、「原発事故は日本だけの問題ではない」と訴え、24、25日で伊万里市、有田町へ進み、その後長崎に移るとのことです。

 李氏は日本に関し、「世界で唯一、原爆被害に遭い、福島原発事故も経験した。なのに大きな運動の起こりを感じない」と語り、「日本の技術力を廃炉産業に生かせば、世界で大きな役割を担えるはずなのに」と残念がったとのことです。李氏は約2年かけ東南アジアやインド、欧州を巡るそうです。

 原発ゼロを目指すわが国の運動を成果に結びつけていかなくてはなりません。平和運動や憲法を守る運動、労働者の権利擁護の運動や生活を守る運動、社会保障制度や医療制度の破壊を阻止する運動など、安倍政権打倒に向けて共同の輪をしっかりと構築していくことが必要ですね。

 安倍政権のおごりとほころびが明らかになってきました。いまこそ、わが国の民主主義の成熟度が試されているように思います。市民の底力を見せつけてやろうじゃありませんか!
by 中村和雄  カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/499

コメントする


このページのトップへ