2012年京都市長選 過去のトップページ

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ
2017年5月アーカイブ
 森友学園問題につづき加計学園問題が安倍政権を揺るがしています。行政のえこひいきをを行い、それが明るみに出ると「黒を白」と言いくるめて必死に隠そうとする。あまりにも腐敗した政権であること露わにしています。

 ところで、加計学園だけが優遇されたのは、獣医学部の新設が国家戦略特区として認められたからです。国家戦略特区とは一体何者なのでしょうか。
 首相官邸ホームページによれば、「国家戦略特区は、産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成に関する施策の総合的かつ集中的な推進を図るため、2015年度までの期間を集中取組期間とし、いわゆる岩盤規制全般について突破口を開いていくものです。」とあります。そして、第3次の指定として。2016年1月29日愛媛県今治市が選定されているのです。

 この国家戦略特区というのは、本来規制がかかっているものをその地域の特定の活動について規制を外すことを意味しています。国の最低基準の規制を外す特例を認めると言うことです。行政の公平性からも問題があるものです。安倍政権は、こうした不公平な施策を使って、自分のお友達を優遇していたのです。
 国会での徹底した真相解明を求めていきましょう。
 昨日、衆議院法務委員会において、政府提出の共謀罪法案について参考人質疑が行われました。各党推薦の5人が意見を述べました。反対の立場が3人、賛成の立場が2人でした。反対の立場で発言したのは、民進党推薦の海渡(かいど)雄一弁護士と共産党推薦の加藤健次弁護士。海渡弁護士は日弁連共謀罪阻止対策本部副本部長、加藤弁護士は私も所属する自由法曹団の幹事長です。

 もうひとり、反対意見を述べたのが日本維新の会が推薦した成城大の指宿信(いぶすきまこと)教授でした。指宿教授は「過去のテロ事件をなぜ防げなかったのかの反省なしに、法案を用意するのは合理性を欠く」と述べました。もっともな意見です。日本維新の会は、自民党、公明党と一緒に法案の危険性は変わらずに少しだけ修正した法案を今日明日にも強行採決することを企んでいる政党です。日本維新の会にしてみれば、「え~、こんなはずじゃなかったのに」との思いでしょう。戦争法案の参考人質疑の際の自民党推薦の長谷部教授の発言を思い起こします。

 衆議院法務委員会の質疑を見ていると、金田法務大臣らの答弁はもうしっちゃかめっちゃかでバラバラの矛盾だらけの内容です。犯罪者を処罰する刑事法においては、犯罪の要件(定義)が厳格に明確であることが必要です。今回の法案に書き込まれた「組織的犯罪集団」と「準備行為」が何を指すのかはまったく明らかになっていません。警察が勝手に決めつけて市民を逮捕することを認める極めて危険な法案です。

 安倍政権は共謀罪法案の矛盾がどんどん明らかになることを恐れて強行採決を図ろうとしています。反対の声を上げていきましょう。
 それにしても、昨夜から今日にかけてのマスコミの長時間にわたる「眞子さま」報道は、共謀罪法案の国会審議から市民の監視の目をそらせるために政権が仕組んだものではないかと疑ってしまいます。マスコミの皆さん、しっかりしてくださいよ。
DSCN7662_R.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像DSCN7664_R.JPGのサムネイル画像
  毎年恒例の三条商店街地ビール祭りが5月14日盛大に開催されました。今年は日曜日ということで、昼間から堀川通りから千本通りまでの三条アーケードはグラス片手に顔を赤らめた人々でいっぱいとなりました。

  三条商店街の活性化策として大成功している企画です。私は近くに住んでいることもあり、知り合いの商店街の皆さんたちとも交流できるので、毎年この企画を楽しみにしています。

 外国から来られた方々にも人気で、年々外国の方たちの参加数も増加してきています。

 私は地下鉄で知り合った青年を連れて連れ合いと3人でめいっぱい楽しみました。青年、ちゃきちゃきのパリっ子で来日ははじめて。彼女と来日し、彼女は京都近郊で開催中のファッションショーのスタッフとして稼働中、その間に嵐山へ観光に行くつもりでいたとのこと。
 地ビール祭りのことを伝えると、一杯飲んでから行くと言いだした次第です。パリの町を愛し、日本酒を愛する好青年は母の日にプレゼントとして商店街で宇治の新茶を購入しました。結局、嵐山には行けず、神泉苑を案内しました。明日は葵祭だと伝えると大感激し、無料ベスト見学スポットとして教えた裁判所北側入口付近に行くとのことでした。数時間過ごしただけですが、彼が京都に絶大な好感を抱いていることを感じました。

 あらためて、京都の街の魅力を感じた1日でした。リフレッシュできました。今週は共謀罪の廃案目指して街頭宣伝活動などに奮闘します。
 
  

 「われわれは、だれしも生きがいのある人生を願っている。人間として、それを主張する権利をもっている。そのためには、われわれの暮らしを守り育てて、これをいい暮らしにしなければならない。それを保障しているのが日本国憲法である。だから国民ひとりひとりがよく憲法を理解しこれを守らねばならぬ。
 憲法を論議することは自由である。しかし守らねばならぬ日本国憲法が厳としてあることを知らねばならぬ。このごろ憲法を論議して憲法を守ることを無視している者のあることは遺憾というより情けないことである。」

 1973年11月3日に京都府が発行した憲法パンフレットの序文です。憲法を変えようとの企ては何度も繰り返されてきている。それをはねのけてきたのは、日本国憲法の意義をしっかりと理解した市民の運動の力でした。いま、日々の暮らしに惹きつけて、改めて憲法をきちんと学ぶことが重要になっています。       
 
 京都では、本日、円山野外音楽堂に3000人が集いました。憲法を守ることを確認しあい、市役所までデモ行進し市民に訴えました。
DSC_0440.JPG
                                                                                                                                                                                                                                                                                            
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
by 中村和雄 | トラックバック(0)

このページのトップへ