2012年京都市長選 過去のトップページ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ
2016年12月アーカイブ
 12月20日に政府は「同一労働同一賃金ガイドライン案」を発表しました。 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai5/siryou3.pdf

「同一労働同一賃金」とは,同じ仕事をする労働者には、性や雇用形態に関わりなく同じ賃金(処遇)を支払うという原則です。ILO条約の基本条約の1つであり、世界各国で採用されています。

 ところが、このガイドライン案では上記の説明がきちんとなされないまま、「同一労働同一賃金は、いわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者)と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇格差の解消を目指すものである。」と記載されています。不合理な待遇格差なのか否かを判断する基準として,同一労働同一賃金原則が存在するはずなのです。「性や雇用形態に関わりなく、同じ仕事をする労働者には同じ賃金(処遇)を支払うという原則」が承認されなければ、何が合理的で何が不合理なのかを判断することは困難です。

 ガイドライン案は、賞与支給についての不合理性判断において一定の前進面があることは認められるものの、退職金支給については触れていません。基本給の支給についても不合理だと判断する基準が明確ではありません。
 大いに議論して、しっかりしたガイドラインに変えていくように提言していきましょう。

 同一労働同一賃金について、12月10日に出版されたばかりの『「働き方改革」という名の"劇薬"」(学習の友社)に少し詳しく書かせてもらいました。
労働法律旬報の1月号にも論文を掲載しました。興味のある方はご覧ください。多くのみなさんが議論に参加されることを期待します。
4761710284.jpg
 今年の「ブラック企業大賞」が発表されました。私が担当するプリントパック不当労働行為事件の加害企業である株式会社プリントパック社が「業界賞」を授与されました。世間の注目を浴び今年5年目を迎える「ブラック企業大賞」の発表ですが、よくもまあ「ブラック」な企業が毎年毎年次々と出てくるものです。
http://blackcorpaward.blogspot.jp/

 プリントパック社の受賞理由は以下のとおりです。
    
 貴社は2010年に新入社員が印刷機に巻き込まれて死亡する労災事故を起こした。当時、この凄惨な死は貴社によって「機械の不具合」による業務遅延として発表された。その後、自らも月80時間前後の「過労死ライン」と見られる残業を繰り返し強いられていた労働者が、労働組合(全印総連ユニオン京・プリントパック京都分会)を結成したが、貴社は組合員に対する配転命令や、残業時間の長さを会社への貢献度と査定し、一時金などを支給しないなどの組合員差別を行った。
 同労組が京都府労働委員会に救済を申し立てたところ、2016年7月19日、府労委は、貴社による不当労働行為を認め、賃金や賞与の差額を支払うよう命じた。府労委の尋問で会社取締役は「組合員の異動はストライキを回避するための予防措置」「定時に退社することは、会社に対する抗議行動であり、ストライキと一緒である」と発言し敵意をむき出しにしたという。
 ブラック企業の存在によって、労働者を公正に雇用し、責任あるビジネスモデルで応えようとしても営業自体が成り立たない企業は増加している。業界の安易な低価格競争に警鐘を鳴らし、貴社が労働者を大切に扱うことを勧告する意味を込め、ここに「ブラック企業大賞2016」の「業界賞」を授与する。

 プリントパック事件は現在中央労働委員会で審理中です。これを機会に、会社がいままでの取扱について充分に反省し、働く労働者を大切にして、労働組合と働き方の改善に向けて真摯な話し合いを開始することを期待したいものです。

 同一労働働同一賃金の実現に向けて政府は、正社員と非正規雇用の労働者で賃金や待遇に差をつける場合の基準を示したガイドラインの案を今月20日に提示することになりました。厚生労働省の有識者検討会は、このガイドラインの考え方について16日、中間報告書を取りまとめました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000146057.html


 報告書では非正規労働者の待遇を改善するための基本的なポイントとして、賃金を決めるルールや基準を明確化することや教育訓練を含めた能力開発の機会が均等になるようにすることなどを挙げ、ガイドラインが重要な手段であり第一歩になるとしています。

 どのようなガイドラインが発表されるのか、正規と非正規の格差是正を実現するために役に立つ基準が作成されるのか、現状追認のものになってしまうのか。大いに注目したいと思います。

 ガイドラインの発表を待って、あらためて「同一労働同一賃金」をどう考えていくのかを論じたいと思います。

 なお、学習の友社から共著で「「働き方改革」という名の「劇薬」」(1080円)という本を出版しました。この中でも詳しく「同一労働同一賃金」について記載しました。ご購読いただけると幸甚です。



このページのトップへ