2012年京都市長選 過去のトップページ

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

京都市長選挙の結果について

 2月7日投開票の京都市長選挙、残念な結果となりました。本田久美子女性憲法市長の実現はなりませんでした。本田さん、本当にお疲れ様でした。ゆっくり休養して頂き、また一緒に憲法市政実現に向けて運動していきましょう。4年前、私は投開票日の翌日から外気の寒さを感じるとともに身体がフワーッと浮いたような感覚が1月ほど続きました。燃え尽き症候群にお気をつけください。

 今回の結果を受けて様々な方が感想を述べていますので、私も一言。
 選挙は選挙期間だけ頑張ったところで大きな地殻変動は起きないものです。票が伸びなかった最大の原因は、市政運営の対決点が明確にできなかったことだと思います。 この4年間、私も参加する市民ウオッチャー・京都を含め、様々な団体や政党、議員団などにおいて、市政運営に対する分析・検討が不十分であり、市政についての対決点が明確に打ち出すことができなかったと思います。もちろん、下鴨神社や二条城の景観破壊、学校跡地の民間貸し付け、保育所の待機児・民営化問題、敬老乗車証の料金問題、有料ゴミ袋料金の無駄遣い使用先問題、四条通の歩道拡幅に当たっての民主的手続き不足など、けっして門川市政への批判や政策提起がなかったとは考えません。しかし、市民に関心を持って投票所に行ってもらえるような市政運営上の対決点としての政策提起はできていなかったと思います。私たちは日常の活動を大いに反省しなくてはなりません。国が推進する新自由主義政策に追随する門川市政において、市民の利益と矛盾する点がたくさんあるはずです。私たちは、もっと鋭敏に日常的に市政を監視し、問題点を分析検討し、要求運動を形成していくことが重要です。4年間、しっかり活動して次回こそ、市政を刷新しましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/442

コメントする


このページのトップへ