2012年京都市長選 過去のトップページ

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ
2015年9月アーカイブ
自由法曹団京都支部は、以下の声明を発表しました。拡散をお願いいたします。

 戦争法案の強行可決に抗議する声明

 本日、憲法違反の安全保障法案(戦争法案)が参院本会議で強行可決・成立した。本法案は、憲法が規定する「平和主義」、「立憲主義」、「民主主義」に全面的に反するものであり、本法案が憲法違反であることは明確で有り、絶対に容認できない。自由法曹団京都支部は満身の怒りを持って強行可決に強く抗議する。
         
 国会論戦を通じて、戦争法案には何ら立法の必要性がないことが明らかになった。安倍首相が集団的自衛権行使容認の唯一の具体例としてあげたホルムズ海峡の機雷掃海も根拠から取り下げざるを得なくなった。戦争法案が規定する集団的自衛権行使の規定が憲法9条に違反することは,わたしたち弁護士はもちろんのこと、元最高裁判事たち、内閣法制局長官たち、大多数の憲法学者が一致して表明しているところであるにもかかわらず、それらを無視して法案可決が強行された。

 戦争法案廃案を求める市民の声は日増しに拡大し、かつてない国民運動となった。国会包囲の大規模デモをはじめ全国各地で市民の自発的な運動が大きく拡がった。京都においても、5000名規模の集会がたびたび開催されたほか、1000名を超える参加のパレードが連日行われ、府下の各地で連日街頭に大勢の方々がマイクを握り宣伝行動が行われた。こうした国民運動の拡がりが、危機感を抱いた政権与党の暴力的ともいえる異常な国会運営をもたらした。

 自由法曹団京都支部は、広範な人々との共同をさらにすすめ、戦争法の発動や基地強化など戦争する体制づくりに断固反対し、安倍政権を早期退陣に追いこみ、戦争法廃止を早期に実現するために運動していく。そして、安倍政権によって危機に瀕している平和主義、立憲主義、民主主義の回復をはかり、憲法を擁護し憲法を暮らしに生かしていくために全力を尽くすことを表明する。

 2015年9月19日
                                                  自由法曹団京都支部   
                                                   幹事長 中 村 和 雄

NEC_1343.JPG
NEC_1333.JPG
NEC_1344.JPG
NEC_1351.JPG
 「とめよう!戦争法 立ち上がろう!9.13大集会」が本日の午後に京都の円山公園で開かれました。会場は溢れ会場内に4700人が集いました。集会後の市役所までのパレードは延々と続きました。
 
 集会では、出口治男弁護士の格調高い主催者挨拶、福山哲郎参議院議員・倉林明子参議院議員の熱い国会報告と闘いの決意、白浜徹朗京都弁護士会長の弁護士会が総力を挙げて取り組んでいる報告、保育士の伊藤未来さんとママの会の中村あゆみさんのこどもたちへ平和な社会を伝えたいとの熱い思い・・・・などなどとっても感動的な発言が続きました。

 そして、あの格調高い「自由と平和のための京大有志の会の声明書」を起案した藤原辰史京大准教授も登場しました。わたしたちが戦争法案の廃案を求めて運動する原点をしっかり示してくれた声明書の意義を改めて確認できました。


 まだ、お知りでない方のために「自由と平和のための京大有志の会声明書」を転記します。 

声明書

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

自由と平和のための京大有志の会

わたしの『やめて』

くにと くにの けんかを せんそうと いいます

せんそうは 「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」
という だれかの いいわけで はじまります
せんそうは ひとごろしの どうぐを うる おみせを もうけさせます
せんそうは はじまると だれにも とめられません

せんそうは はじめるのは かんたんだけど おわるのは むずかしい
せんそうは へいたいさんも おとしよりも こどもも くるしめます
せんそうは てや あしを ちぎり こころも ひきさきます

わたしの こころは わたしのもの
だれかに あやつられたくない
わたしの いのちは わたしのもの
だれかの どうぐに なりたくない

うみが ひろいのは ひとをころす きちを つくるためじゃない
そらが たかいのは ひとをころす ひこうきが とぶためじゃない

げんこつで ひとを きずつけて えらそうに いばっているよりも
こころを はたらかせて きずつけられた ひとを はげましたい

がっこうで まなぶのは ひとごろしの どうぐを つくるためじゃない
がっこうで まなぶのは おかねもうけの ためじゃない
がっこうで まなぶのは だれかの いいなりに なるためじゃない

じぶんや みんなの いのちを だいじにして
いつも すきなことを かんがえたり おはなししたり したい
でも せんそうは それを じゃまするんだ

だから
せんそうを はじめようとする ひとたちに
わたしは おおきなこえで 「やめて」 というんだ

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かい 
NEC_1328.JPG
 現行の派遣法を改悪し、企業が永続的に派遣労働を使い続けることができるようになる派遣法「改正案」が参議院で可決されました。明日、衆議院本会議で可決成立されようとしています。

 これまでの直接雇用が原則で派遣は例外であるとの理念を大きく変更するものです。

 日本では、派遣やパート、有期がどんどん増加しています。労働者全体の4割近くになっています。そして女性に限定すると6割近くがこうした非正規労働なのです。
 非正規労働者は,正規労働者と同じ仕事をしていても大きな賃金格差があり、身分も不安定です。
 わが国の働き方について根本から作り直し、女も男も、非正規も正規も、ワークライフバランスを大切にした人間らしい働き方に変えていくためにどうしたらいいのか。

 今週の土曜日(12日)午後1時半から 京都弁護士会でシンポジウム「女性が安定して働き続けるために」を行います。元労働法学会会長の浅倉むつ子早稲田大学教授に講演頂きます。奈良法テラス事件原告の鈴木さんにも報告頂きます。ぜひお越し頂き、一緒に考えてください。
NEC_1322.JPG
 本日午前10時から12時まで、参議院厚生労働委員会において、派遣法改正案についての審議が安倍総理も出席して行われ、私も傍聴しました。

 安倍総理は、今回の改正法案が派遣労働者のキャリアアップをはかるものであり正社員化に繋がるものだ、とか、過半数労働組合が反対の意見を述べれば雇用慣行に基づき派遣継続はあり得ず常用代替の懸念はあたらない、とか、雇用現場の状況をまったく理解していない答弁を繰り返しました。
 安倍総理は、この間一度も派遣労働者の声を聞いたことがないことを認めました。派遣労働者の実態をまったく理解していないのでこうした答弁を平気でできるのだと思います。日経新聞がアンケートを行い派遣労働者の7割が本改正法案に反対であるとの報道に対して、

 さらに、派遣労働者の労働条件向上のためには「同一(価値)労働同一賃金」の確立が必要ですが、安倍総理は「同一(価値)労働同一賃金」については労使の中に反対意見があるので法制化はしないとの答弁です。

 安倍総理は戦争法案についての審議ではとても雄弁に自己の見解を語ります。しかし、今日の答弁はすべて官僚が作成したペーパーを棒読みするだけでした。顔を上げず、ひたすら文書を読み上げるのです。質問に対応しない回答を長々とすることもたびたびでした。あまりにも答えが質問とずれるので、たびたび質問議員から苦言が呈されました。安倍総理が派遣法改正案についてまったく理解できていないことは明確です。

 本日の審議を経て、与党から野党に対して、施行日を9月30日にすること、過半数組合などから派遣継続について複数の異議が出た場合の措置、雇用安定措置の実行確保のための措置、みなし雇用の派遣労働者の確認などの点の修正について口頭で提案がなされたとのことです。
 9月8日、10日が山場になります。3度目の廃案に追い込むためにご協力をお願いします。

 自由法曹団主催の派遣法改革を阻止するための集会が
  9月4日(明日)13時30分から15時30分まで 参議院議員会館地下B109
 でおこないます。ぜひ、ご参加ください。


このページのトップへ