2012年京都市長選 過去のトップページ

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

「大阪都構想」講演会のご案内

NEC_1750.JPG
NEC_1756.JPG

左の写真は,大分県杖立温泉の鯉のぼり祭り(5月5日)、右の写真は、京都上賀茂神社境外摂社「大田神社」のかきつばた(5月10日)です。


 五月晴れの緑がとってもきれいな季節、しっかりリフレッシュさせて貰いました。

 日本を戦争する国に変えていく戦争立法や「正社員ゼロ」の派遣法改悪案、さらには「残業代ゼロ・過労死促進」の労働基準法の大改悪についての国会審議がまもなく始まります。

 そして、国政にも大きな影響がある大阪市を解体するだけの「大阪都構想」住民投票が5月17日に行われます。
 橋本市長は、大阪都ができれば大阪がバラ色の都市になるかのごとく宣伝していますが、何の根拠もありません。これまでの大阪市の多くの権限が府に移管することによって、住民により近い住民自治の施策がとれなくなります。民間委託の一層の推進によって、地方自治がさらに財界に食い荒らされることの危険性が増大するのです。大阪市をしっかりと守り、住民の立場に立った大阪市政に転換することが求められています。

 市民ウオッチャー・京都では、今回の大阪都構想の動きをしっかりと検証するために、下記のとおりの講演会を開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

   日時  5月23日(土)午後1時~
   場所  京都弁護士会館
   講演  「大阪都構想は何だったのか」
         森裕之立命館大学教授
by 中村和雄  カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/407

コメントする


このページのトップへ