2012年京都市長選 過去のトップページ

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

脱原発集会とサウンドデモ

NEC_1435.JPG
NEC_1439.JPG
10441404_502795706520439_3388399895346322882_n.jpg
10427339_319426511549838_809498689983464897_n.jpg
 28日の土曜日にキャンパスプラザで「福井地裁判決報告集会in京都」が開かれ、350名の参加者で会場は溢れました。

 脱原発に向けて大きな力を与えてくれた福井地裁判決。中嶌哲演原告団長、松田正原告団事務局長が判決を勝ち取った現地の運動について、困難な時期のたたかいや運動の広がりを獲得した経過、8回の弁論期日毎回の原告の陳述の実現、そして裁判における痛切な原告団長の訴え、などを報告されました。
 さすがです。感動しました。
 笠原一浩弁護団事務局長、安倍剛弁護団事務局次長が、判決の内容についてわかりやすく解説してくれました。そして、この事件に弁護士としてかかわった苦労や弁護団拡大の経過、裁判所に対する活動などを報告くださいました。京都地裁における裁判でも学ぶところが大でした。それにしても事務局長、事務局次長が京大理学部の出身であるというのには驚かされました。
 福井のたたかいは大変勉強になりました。

 29日は脱原発サウンドデモでした。市役所前から四条河原町、四条通を西に行ってUターン、再び河原町を北上して三条を東へ、三条河原までの2時間あまりのサウンドデモ。350名の参加で街ゆく人に脱原発運動への参加を訴えました。東京からやってきたラッパーDJさんのリズム感溢れるラップにのってノーニュークスを唱和し続けました。
 若者たちが多数参加してくれました。街頭の聴衆から拍手や手を振る人たちもいました。

 福島原発事故の放射能汚染はまったく解決しません。原発が1基も動いていないのに市民生活はちゃんと回っています。原発の必要性の根拠はどんどん弱まっています。脱原発の輪を拡げていきましょう。
by 中村和雄  カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/370

コメントする


このページのトップへ