2012年京都市長選 過去のトップページ

2013年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

秘密保護法 なぜ急ぐ?

 朝日新聞の報道によれば、国民の過半数が成立に反対している秘密保護法。森雅子大臣の答弁は二転三転と混乱の極みです。なのになぜ、安倍政権は法案の早期成立に固執するのでしょう。国民の反対世論の盛り上がりを警戒していることもあるでしょうが、アメリカの強い要求があるという点も重要です。

 孫崎享さんが、この秘密保護法の本質は、米国の要請によってなされているところにあると指摘しています。「自衛隊が米国の指揮下に入り、共同オペレーションをする。その時に、米軍と同等の軍事機密が必要になる。自衛隊の米軍の下請け化が目的」と述べています。自衛隊がアメリカ軍の下に組み入れられ、世界各地で戦闘ができるようにするため、「米軍と同等の軍事機密」が必要になり、そのために作られようとしているのがこの法律だという
ことです。

 この法律は、安倍政権が進めようとしている「集団的自衛権の行使」を実行するために必要なものなのです。憲法9条の「改正」の動きと軌を一にしている大変危険なものだということを多くの皆さんに知ってもらう必要があるのです。この法律は日本を「戦争する国」にするための法律なのです。参議院での審議が始まっていますが、なんとしても廃案にすることが必要です。

 


 

by 中村和雄  カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/332

コメントする


このページのトップへ