2012年京都市長選 過去のトップページ

2013年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

大阪中央公会堂でもダンス規制

NEC_1103.JPG
NEC_1108.JPG 京都の紅葉があっという間に過ぎ去っていきます。夏の酷暑期間が長かったせいか、秋がとても短く感じます。
 
 芸術と文化活動の秋です。この秋、ダンスを楽しむ方も大勢いらっしゃることと思います。ところが、風営法のダンス営業規制問題で,大阪中央公会堂が今年5月以降、参加費を徴収する社交ダンス発表会の利用を規制していることが明らかになりました。「営利目的の風俗営業の可能性がある」との見解です。
 
 現行の風営法は「ダンス」をさせる営業を風俗営業として規制対象としています。「ダンス」についてどんなダンスが規制対象になるのかは法律に書かれていません。高知市は昨年7月、社交ダンスの公民館講座を「風俗営業」と見なし、中止を要請しました。
全国各地で混乱が生じています。その原因は、健全な活動である「ダンス」を規制対象とする時代遅れの風営法にあります。
 いまや、ダンスは健全なスポーツとして学校体育の必修科目にも取り入れられています。そもそも踊ることがなぜ規制の対象になるのでしょうか。憲法で保障された「表現の自由」を侵害するものであることは明らかです。風営法の規制対象から「ダンス」を削除することが必要です。時代遅れの風営法の改正に向けてみなさんの支援をお願いします。
by 中村和雄  カテゴリ: | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/331


このページのトップへ