2012年京都市長選 過去のトップページ

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

汚染水漏れ

 「汚染水による影響は、港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている。」東京にオリンピックを誘致するために明らかな嘘をついた安倍総理。すぐさま東電が総理に抗議をしていましたが、汚染水漏れについてあまりにも危機感のない安倍総理の発言には唖然とさせられました。

 そして今度は東電が、台風18号による大雨によって高濃度の汚染水が保管されている7つのタンクエリアで放射性物質を外部に出さないために設置した席の水位が上昇しあふれる恐れがあるとして、排水を行ったことを公表しました。東電はセシウム濃度を測らないまま排出しており排出量も不明です

 あまりにもずさんな排水処理に唖然とさせられます。海の汚染がどれだけ進んでいるのか心配です。それにしても、汚染水対策の解決策が未だに見いだせていないことは深刻です。安倍総理の発言とは逆に、福島原発事故の放射能汚染を阻止する手立てはまったく確立されていません。汚染水問題だけでなく、人体被害の状況についても正確な情報が伝達されません。

 私たちはいまこそ正確な情報を共有することが大事です。一部の「専門家」や政治家の政治的な「決断」に委ねてしまうのではなく、正確な情報を公開することを政府・東電に求めていきましょう。原子力発電がどのようなものであるのか、福島でいまどのような事態が生じているのかを正確に知ることが、私たちがこれからの日本のエネルギー政策のあり方を考えるに当たっての前提です。原発を維持するのか、脱原発を実現するのか、議論が実りあるものになるためにも、正確な情報提供を求めていきましょう。


by 中村和雄  カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/321

コメントする


このページのトップへ