2012年京都市長選 過去のトップページ

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

7340億円

  2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まりました。1964年の東京オリンピック、当時10歳だった私が受けた感動は計り知れません。オリンピック期間中、私の家の前の路地はオリンピック会場となり、近所に住む同年代の男の子ばかり10人ほどで毎日競技が繰り広げられました。年長の子は走り高跳びの道具も手作りしました。バーは竹藪の竹ですので、ちょっとひん曲がっています。100メートル競走は角を三つ曲がらなければなりません。各競技の優勝者には、牛乳瓶のふたで作った金メタルが授与されました。本物の競技が始まると、こどもたちは集まってテレビに釘付けでした。開会式の光景やマラソンのアベベや円谷選手の光景は、いまもはっきりと覚えています。2020年東京オリンピックがこどもたちに夢と希望を与えることを期待します。

 ただ、開催計画を見ていると、疑問もあります。東京に新しい施設がいくつも作られることになっていて、東京招致委員会の試算では7340億円の経費が見込まれています。東京都に4000億円の積立金が有るとのことですが、大手ゼネコンだけが利益を上げることがないようにしてほしいものです。ロンドン五輪では、経費は計画の4倍近くの1.1兆円に膨れあがりました。東京オリンピックでも同じことにならないか心配です。また、東京一極集中がさらに進むのではないかとの懸念もあります。いま、福島をはじめとする被災地の復興、そして何より放射能汚染の被害拡大の阻止のために充分な資金が投入されなければなりません。私たちの大切な税金の使い道をしっかり監視しなければなりませんね。

by 中村和雄  カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/320

コメントする


このページのトップへ