2012年京都市長選 過去のトップページ

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

京都市防災計画ー原子力災害対策編

 
285491_4953046702996_1536865687_n.jpgのサムネイル画像
 本日午後、京都市役所の一角で「京都市防災計画ー原子力災害編 市民意見発表会があり、28名の市民の方が参加されました。京都市の2名の担当者の方が現在作成中の「京都市防災計画ー原子力災害編」について説明し、それを受けて私たち参加者が質問したり、要望を述べたりしました。1時間あまりでしたが、大変有意義な時間でした。
 ところで、京都市北部は福井の原発群から30キロ圏内に入ります。50キロ圏内には市内のかなりの部分が含まれます。福島原発事故では、50キロ圏外でも深刻な被害をもたらしており、50キロ圏外についても、緊急時避難などの計画が必要です。今まで、行政は原発事故は起こらないとの安全神話に基づき防災対策をとってきませんでした。しかし、福島原発事故がおきました。今こそ真剣に、事故に備えた対策をたてなければなりません。このことは、例え原発が稼働を停止したとしても完全に廃炉にするまでの数十年間続くのです。
 残念ながら、京都市の計画はまだまだ未完成です。大地震はいつ来るかわかりません。早急な対応が求められています。そして、原発被害の危険性といざという時の避難体制について市民にしっかりと伝えていくことが重要です。
 本日のような市民との懇談の機会を、京都府をはじめ各地の自治体でも開催することを願うものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/273

コメント(1)

一族には、一ノ谷の戦いで熊谷直実と先陣争いをしたことで知られる平山季重を出した平山氏のほか、由井氏、立川氏、小川氏、田村氏、中野氏、稲毛氏、川口氏、上田氏、犬目氏、高橋氏、小宮氏、西宮氏、田口氏、駄所氏、柚木氏、長沼氏などがいるコピーオーデマピゲ2397

コメントする


このページのトップへ