2012年京都市長選 過去のトップページ

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

「東京維新の会」の大日本帝国憲法復活請願

 日本維新の会と連携して保身を図ろうとする地方議会の議員たちが、全国各地で「維新の会」を立ち上げています。京都でも自民党を離党した府会議員が中心となって、「京都維新の会」が結成されました。同じように東京で結成された「東京維新の会」についての報道です。しんぶん赤旗が次のように報道しています。

 「橋下徹大阪市長の「日本維新の会」と連携し、9月に結成した都議会新会派「東京維新の会」(民主・自民を離党した3人で構成)は4日の都議会第3回定例会最終本会議で、現行の日本国憲法を無効とし、戦前の「大日本帝国憲法」の復活を求める時代錯誤の請願に賛成しました。請願は日本共産党、民主党、自民党、公明党、生活者ネット・みらいなどの反対で不採択となりました。

 請願は、天皇を元首として無制限に権力を与え、国民を「臣民」として、自由と権利を抑圧した大日本帝国憲法を美化。「我々臣民としては、国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄」して、日本国憲法を無効とし、大日本帝国憲法は現存するとの都議会決議を求めています。」

 いま、時代錯誤の戦前回帰願望国家主義者たちが、「国土をまもれ!中国や韓国との武力行使も辞さないぞ!」と勇ましい無責任なかけ声で若者を扇動しています。維新の会がその原動力として動いていく危険性があります。いまこそ、日本の戦前のアジア諸国への侵略行為や憲法制定の経過などの歴史事実を忠実に若者に伝えることが重要です。団塊の世代の皆さん、出番ですよ。

by 中村和雄  カテゴリ: | コメント(1) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/236

コメント(1)

>日本の戦前のアジア諸国への侵略行為
侵略をいうならアメリカやオランダをはじめとする
列強国も侵略していたし。
歴史を評価するのではなく学ばないと。
当時の日本はどんな立場でしたか?
今のロシア(ソ連)、アメリカ、中国、イギリス、フランスという常任理事国と同じ立場だったんですよ。
派兵しなきゃ成らない立場だったわけで。
自分の考え方や意見も重要ですが
両論併記するべきだとおもいます。
>時代錯誤の戦前回帰願望国家主義者たちが、「国土をまもれ!中国や韓国との武力行使も辞さないぞ!」と勇ましい無責任なかけ声で若者を扇動・・・。

それはあなた方革新系にも
いえる無責任さだと思います。

原発を停めたらまず中小企業は
潰れます。
すると大企業も連鎖し失業者があふれます。
そう言う意見が出てきた背景には
あなた方の経済活動のことを考慮していない
無責任な廃止論があるとおもいます。

コメントする


このページのトップへ