2012年京都市長選 過去のトップページ

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」38%

 一連の生活保護受給に対するバッシング報道。こうしたバッシングが続く背景に、生活保護に対する市民意識、弱者に対する社会的援助についての市民意識の問題が存在しているように感じています。

 日経ビジネスウェッブ版に波頭亮氏がきわめて驚きの事実を紹介しています。一部をそのまま引用して、みなさんにご紹介させていただきます。深刻な事態ですね。

「1つは、日本では「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」と考える人が世界中で最も多くなっている点である(出典:「What the World Thinks in 2007」The Pew Global Attitudes Project)。「助けてあげる必要はない」と答えた人の割合は日本が38%で、世界中で断トツである。第2位はアメリカで28%。アメリカは毎年多数の移民が流入する多民族、多文化の国家であり、自由と自己責任の原則を社会運営の基軸に置いている。この比率が高くなるのは自然なことだ。そのアメリカよりも、日本は10%も高いのである。

 日米以外の国におけるこの値は、どこも8%~10%くらいである。イギリスでもフランスでもドイツでも、中国でもインドでもブラジルでも同様で、洋の東西、南北を問わない。経済水準が高かろうが低かろうが、文化や宗教や政治体制がいかようであろうが、大きな差はない。つまり"人"が社会を営む中で、自分の力だけでは生活することすらできない人を見捨てるべきではない、助けてあげなければならないと感じる人が9割くらいいるのが"人間社会の相場"なのである。

 にもかかわらず日本では、助けてあげる必要はないと判断する人の割合が約4割にも達している。日本は、"人の心"か"社会の仕組み"かのどちらかが明らかに健全/正常ではないと言わざるを得ない。この場合、政治の制度や仕組みと比べて人の心はずっと普遍的であるはずなので、問題は日本の政治の仕組みや政策にあると考えるのが妥当である。言い換えるなら、人の心をここまで荒んだものにしてしまうほどに、現行の日本の政策や制度は正しくないということになる。」

*(追記) 本ブログ投稿後に読者の方から、ご指摘頂きました。エジプト、ヨルダンの方がアメリカより上回っているとのことです。日本が1位であることは間違いないとのことです。詳しくは、コメントをご覧ください。ご指摘ありがとうございました。


by 中村和雄  カテゴリ: | コメント(3) | トラックバック(1)

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/202

ストップ !! 「第二迷信」 - 「日本的」習慣や文化 (2012年6月14日 21:28)

 先日のBSフジ「プライムニュース」で、民主党と自民党とそれぞれの「生活保護問題」チームリーダーが生出演し、「生活保護制度改革」論をぶち上げていた。まあ3... 続きを読む

コメント(3)

「自力で政策活動することができない政党を、政府が助けてあげる必要はない」
と思います。

 通りすがりに失礼します。
 気になったので、出典を調べました。以下のアドレスの95ページです。http://www.pewglobal.org/files/pdf/258.pdf
日本がトップというのは本当ですが、アメリカが2位というのは間違いです。「助けてあげる必要がない」(この翻訳も問題ありですが)の割合はエジプトやヨルダンは32パーセントでアメリカより高いです。ささいなことですが、大事なデータであるだけに、取り扱いは慎重にしたいと思い、書き込みをいたしました。波頭氏、そしてそれを引用された中村さまの主張には賛成しています。念のため。

久々にコメントをさせていただきたいと思います。

今回の題名が「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」だったので、解釈の仕方が違えば話しが変わると思い、今日まで考えていましたが、自分なりの解釈でのコメントをさせていただきます。

「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」とはどの様な意味なのでしょうか?
確かに、全てにおいて何でもかんでも困っているからと言って、政府や周りの人々が手を差し伸べて助けるの如何なものかと思います、本人の努力なしで何でも解決が出来ると誤認され、本人のためにならない過保護状態になりかねないと思います。

ですが、本当に自分だけの力でどうにもならない様な状況で困っている人が居れば助けるのが当然の行為だと思います、その為に国民の税金を有効活用するのもありえる話でしょう?

実際に自力で生活出来ている人ならば政府の力を借りずに生活できるでしょ?

「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」とは何処から出てきた言葉なのでしょうか?

私は「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」との言葉は『自力で生きる能力の無い人は生きてる必要は無い』と言っているのか?とも感じます。
また、憲法で保障されている生存権させも無視した言葉ではないでしょうか?

この様に生まれて来た時から、なんびとも生きる権利があり、生きる為に努力をしなくてはならないと思いますし、政府は国民がひとしく恐怖や欠乏から免れ、平和のうちに生存権利を守るのが政府であり、安心・安全な社会ではないのでしょうか?

これはあくまでも私個人の考えですが。

コメントする


このページのトップへ