2012年京都市長選 過去のトップページ

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

市長選挙の争点「若者文化」

 突然発表された京都会館建て替え計画は、関係者の10年間にわたる審議をまったく無視するものです。ネーミングライツをロームだけと約束した上で、景観条例も無視し、文化的価値の極めて高い建物を全部取り崩して建て替えを強行しようとするものであり、その手法は到底許すことができません。

 京都は多くの文化を産み出してきている都市です。能や狂言を初めとする古典芸能などもそうですが、多くの若者音楽などが京都から発信されてきました。私の青春時代で言えば、高石ともやさん、バンバン、フォーククルセーダーズなどたくさんの著明なアーティストを輩出してきた街でもあります。

 コンサートは、円山公会堂や京都会館などがよく使われましたが、こうした大きな会場だけでなく、大学や街の小ホール、音楽喫茶など街の至る所で多くのミュージッシャンが活動し、多くの若者が集いました。

 音楽に限らず、文化・芸術は、大きな立派な施設をつくることによって成り立つものではなく、街全体で創り上げていくものです。街の至る所に、創造と発表の場があることが文化を発展させていく大きな条件だと考えます。

 ダンスクラブもこうした貴重な創造・発表の場です。先日対談させていただいたフライングダッチマンもクラブメトロなどで演奏しています。そして、ダンスクラブは若者が集い、踊り、作品をみんなで楽しむ場でもあります。こうした活動が幅広く展開されることは、京都の若者文化の発展に極めて望ましいことです。

 最近、深夜1時以降のダンスクラブの営業について、風営法にもとづく取り締まりが強化されていると聞いています。京都でも健全な活動を展開してきたクラブが、深夜1時以降の営業をしていたことから摘発され閉鎖を余儀なくされたとのことです。

 しかし、同じダンスでもソーシャルダンスの営業ならOKであり、どう考えても一連の規制は過度にいきすぎた取り締まりです。ダンス=不健全という考え方はあまりにも時代遅れです。かつて、ビートルズが来日したとき、ビートルズを真似て活動する若者達は「不良」とのレッテルを貼られました。

 時代遅れの過度の規制はさせないようにしていきましょう。そして、京都を若者文化の発信拠点として発展させていきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/145

コメント(12)

こちらの記事と関連性は薄いのですが京都府が主導し京都市も立候補をしている、球技専用スタジアム建設についてはどのような考えをお持ちですか?

これまでは京都市が主導し議論が続けられ挫折と計画の再考を繰り返してきましたが門川市政で市主導の計画は完全に挫折しました。

しかし、その後再度の署名活動が行われ48万の署名が集まり、今度は府の主導でスタジアム建設の議論が再開され"城陽市"舞鶴市"京丹波町"亀岡市"そして"京都市"が府の土地公募に応募し現在選定の段階にあります。
実際の選考から内定は京都市長選の行われる2月5日以降となるようですが中村 和雄氏としてはどのようにお考えでしょうか?

私はスタジアム建設について賛成の立場で自分の住む京都市での建設が理想です。
ですが、京都市ではこれまで何度も何度も計画の挫折を繰り返してきました。
計画に反対の立場であるならば京都市として早期に撤退し他の市で話を進めて欲しいとも感じています。
ぜひ、blogにてスタジアム建設での立場や考えを聞かせてください

 
札幌でクラブに関わっております。

大変関心を持った内容でした。

この事に触れていただくケースは少なく、
もっともっと全国で本気で考えていただきたいのです。


現行の風営法は、午後11時のTV番組を深夜放送と
言っていた時代のもので、本当に時代錯誤もはなはだしいです。

0時とか1時の根拠もよくわからず、とにかく昔は
夜に働く場所・働く者を悪しき目で見ていた差別感覚で
できたような法律ではないでしょうか?

今や日本は不況による就職難で、本人や家族の理想に反して、
クラブに限らず、夜の飲食店に職を見出すことしかできない方々もたくさん居るのが現状です。

クラブシーンに影響をされる飲料メーカーの新商品や
音楽業界のアーティストも多いのです。


とりわけ札幌のすすきのは
観光収入の割合も大きな売上をしめており、
クラブだけでなく、風営法対象の飲食店もまた然りです。


悪しきイメージも多いクラブですが、
日頃のストレスを汗をかきながら踊ったり、
仲間と楽しむ事で発散する場所。

これは経済を動かしています。

血税を湯水のごとく無駄遣いする公務員や
天下りで渡り人生を歩んでるような連中より
よほど健全です。


日本のどこかで摘発のニュースが出ると
お客さんはビクビクしながら遊びます。

いえ、出掛ける足を止める事もあります。

まったく時代錯誤な法律の内容です。


ぜひ、京都からでも結構ですので
この風営法の改善や、対応業種の見直しについて
全国へ発信していただけますよう
よろしくお願いいたします。
 

このような考え賛成です。

この国は共産主義になりたいのでしょうか?
現代の人間は本当の事を楽しんで生きたくないのかな?
本当に一生懸命になって音楽やったり遊んでないから震災後に必要ないと言われる気がします。貫けるほどの気持ちのない。

幸せになるために一歩でも前に進める勇気はどうしてないのか。

とにかく人生短すぎる一度きり、1日24時間しかないんです。
急がないと。

みんな一緒じゃないんです。
これは私の意見です。

中村さん、ありがとう(涙)

貴殿は「共産主義」を誤解しています。
おそらく、大手メディアの情報にしか接していないのでしょう。
共産主義つまりCommunismは、そのまま日本語に訳せば「共同体主義」です

1973年に軍事クーデターで殺されたチリのアジェンデ大統領は、典型的な共産主義者でした。同時に、典型的な民主主義者でした。「民主」は政治体制、「共産」は経済体制を指す言葉です。

深夜1時以降のダンスクラブの営業についての風営法の取り締まりを具体的にどうしてくれるのですか?
風営法という法律自体を改正できるのですか?
条例で法律以上に緩和できるものでしょうか?

具体性がとぼしく、実際に何をしてくれるのかがわかりません。

もし、お茶を濁すような意見表明をするだけして、具現化案もなしで若者から票を集めようとしているのなら、まさにその行為自体が若者の文化を馬鹿にする行為だと思います。

具体案を是非お示し下さい。

中村先生へ

私は他県ものものですが、今回の記事に大変共感致しました。

私もミュージックが好きで、様々なイベントに参加しています。また、店舗を貸しきってコンサートイベントを主催することもあります。

夜中の時間に音楽を楽しむ人達は悪者に思われがちですが、大半は昼間に本当に頑張って仕事をしている若者ばかりです。

医療関係の方、IT関係の方、そして日本の産業を支えている海外の労働者の方々など…

一生懸命に日本の経済を支え、遅い夜に仕事が終わってから、気の合う仲間とリラックスする時間を過ごしています。

とくに、ブラジルやインドからの出稼ぎの方は、真面目に仕事をしてる方ばかりです。
お国柄、音楽やダンスが大好きなので、音楽を聞きながらリラックスする時間は、何よりの宝物でしょう。

また、ITや医療関係の仕事に従事されている方も就業時間が不規則です。
好きな文化に触れ合う時間が夜中でも十分まともだと思います。

多くの若者が日本の経済タイムに合わせ仕事を真面目にこなしています。
日本がこれだけ24時間営業になってしまったのに、それに従事している方々が、自分の時間、文化に親しむ時間を奪われるのは不思議でなりません。


どうぞ、多くの方がご理解下さいますように!

現在中年の京都市民です。

私も昔は、よくクラブへ足を運び、日々のストレスを発散しながら楽しんだことがとても良い思い出の1人です。
近頃、大阪アメ村をはじめ、京都でもクラブの摘発が相次いでいることに関心を寄せていました。
マスコミでは、クラブが悪のように書かれ、経営者が犯罪者のごとく書かれておりました。
自分は、既に行かない世代になりましたが、そうは思いませんし、中村様と同様に、良い思い出または文化だと思っています。

風営法は古いもの、時代に合わせた法律を作らなければいけない・・そのご意見に大変関心致しました。

次代を担う若者の社交場を取り上げてほしくない。。
そう思う中年ですが、そんな彼らの力になって下さい。

これからも応援しております。

この記事には大変共感いたしました。
私の経営するお店にもイベント関係者やそれに携わるスタッフの方が多くご来店します。
そういった方たちの中にこの取り締まり強化の最中に何人もの方が謙虚されそしてお店ごと営業停止処分になったケースが多くあります。
この様な取り締まりはある意味風紀の取り締まりになるかも知れませんが、純粋に音楽やコミュニケーションを楽しみ、そして週末や夜の繁華街の楽しみの一環として若者の娯楽として楽しんでいる方たちが殆どではないのでしょうか。

私ももうスデニ40代ではありますが今から20年前ほどの若いころにはクラブやディスコといったダンスフロアーに頻繁に週末に出かけたものです。
純粋に楽しみたい踊りたいだけの気持ちからでした。
いわば青春の1ページです!
この規制を強化したことにより今の若者から音楽や娯楽や楽しみを奪う行為にはならないのでしょうか?
おそらくこの条例を考えた人も若いころには夜の繁華街でいろんな遊びに勤しんだことだと思います。
そういう人たちが今現在、若者の遊び場を取り上げるような行動や行為は間違っているとしか思えません。

是非ともこの法案を変えていくような運動が世の中に浸透していくことを私自身も望み、そして中村さんが変えていってほしいと思います。

長くなりましたがお読みになった方ありがとうございました。
そしてこれからも他府県ではありますが中村さんのご活動を心から応援いたします!

あなたこそ、せめて中村さんの他のブログを読んでからメールしたらどうなんですか?
下記を読みましょう。
http://neo-city.jp/blog/2012/01/post-112.html

弁護士の立場から具体的に示してくれてると思いますよ。
この力添えに若者が連帯して世の中を変えて行く。そうなれば、素晴らしいと思いませんか?
選挙に行く事で終わるなら全ての問題は解決しない。
中村さんのような候補を推す事も重要だし、中村さんが市長になった時こそ、一気に市民が立ち上がり不正をただしていく時だ!

私は、色んなclubに、よく行きますが、現在のclubの状況を、どの位、知っておられますか?
実際に、行かれたことは、あるんでしょうか?
それも、数回行く程度では、何も判らないと思います。

確かに、取締りが厳しくなってますが、club側にも責任があると思います。
今まで、警告や指導もあったはずです。
風営法に不満があったのなら、まずは、決められたルールを守った上で、京都の色んなclubが、一丸となって大々的に継続して署名活動等をしてくるべきだったのではないでしょうか?

もし本当に風営法の改善を、以前から考えておられたのなら、弁護士という立場からも、clubをまとめて、署名活動等を大々的に継続して来られるべきっだったのではないでしょうか?

出馬の際に、風営法の改善を掲げられても、若者の票集めにしか感じ取れません。

先日の書き込みに、追記させて頂きます。
私は、20年間、木屋町や祇園などのclubやbarで遊ばせて貰ってます。
ですが、先日、書き込みをさせて頂いた内容の様な活動を、聞いたり目撃した記憶は、御座いません。
私以上に、木屋町や祇園の住人と化している、大先輩、友人、後輩にも確認しましたが、その様な活動が行われた記憶は、無いと言っておられました。
clubやbarのオーナーやスタッフの方も居られます。
その中には、clubやbarで、一時代を築き上げ、木屋町や祇園などのclubやbarに影響を与えた方も居られます。
何かあれば、狭い街なので、直ぐに話は、広まります。
ですが、聞いたことが無いし、そういう活動をした覚えは、無いと言っておられました。
もし、過去に、その様な事があれば、喜んで署名しております。

コメントする


このページのトップへ