2012年京都市長選 過去のトップページ

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ

中村和雄のfacebook中村和雄の過去のブログ

フライングダッチマンとの対談

 ユーチューブでのヒット回数30万件、反原発ソング「ヒューマン・エラー」が爆発的人気中のロックグループ「フライングダッチマン」の皆さんと対談しました。たっぷり2時間、楽しく過ごしました。脱原発市政の実現のために、3人から力強い応援もいただきました。対談の模様は、まもなくユーチューブにアップされるとのことです。お楽しみに。

 写真は、右からコーディネートしてくれたフリージャーナリストの守田敏也さん、リー・タバスコさん、コータ・ビッグバンさん、タイガ・ツーレイトさん、それに私です。

 ヒューマンエラーの歌詞はリーさんがつくったのですが、これが何と4872文字。リーさんは3年前から原発建設反対運動に参加しており、昨年3月に福島第一原発事故を受けて、これをいっきに書き上げたのだそうです。この歌詞、読んでいくとしっかりと放射線のことや原子力発電のことが理解できる教科書のようにわかりやすい記述なのです。もちろん、ロッカーらしい激しい語り口ですが、脱原発の学習にも最適ですよ。

 メンバーの皆さんは廃品回収や人力車引きの仕事などをしながら生活を支えてきたとのことですが、ロックンロールの魅力に取り憑かれてもうこの道からは抜け出せないのだそうです。廃品回収中にナマで謳ったり、ハーモニカを吹いたり、これでお客さんが増えたりしていたとのこと。

 3人は現在、3月10日と11日に全国で「ヒューマン・エラー」を演奏する企画を展開中です。京都では3月10日に脱原発1万人集会を計画中です。京都でもこの企画に参加したいですね。

NEC_0141.JPGのサムネイル画像

by 中村和雄  カテゴリ:, | コメント(2) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://neo-city.jp/mt/mt-tb.cgi/134

コメント(2)

こんな素晴らしい歌を作った生たちのはつらつ、元気、真剣に原発を考えている姿勢に励まされました。無知な私、京都出身だったんですね。さっそくCDを購入し、ヒューマンエラーの歌詞を覚えます。(歌えませんが)それにツィートがこれまでで最高。ネット上での輪を広げましょう。

フライングダッチマンの3人、素晴らしきロックンローラーでした。今日、2箇所で講演したときに少し触れたのですが、僕の持っていたCD1枚が売れ、さらに20枚の注文が来ました!もっとブレークするといいなあ!

コメントする


このページのトップへ